Thursday, 18 September 2014

on the street...Daikanyama


Do you remember her?
her last image is HERE.


EVAのせいこさんに会いに行く夕方。
お店にいって、少しのつもりがついつい長話。

She's owner of EVA,
vintage shop in Daikanyama.
wearing Claude Montana's leather jacket 
and vintage jumpsuits.

せいこさんは素直だ、と思う。
思ったことを、感じたことをそのままに
人に伝えることをためらわない。

彼女から感じる強さ、というのは
多分そういう所がバックボーンにあるからだ、と
ふと話してて気がついた。


'Now I'm interested in bringing up
young creators around me.
I wanna collaborate with them
as a job in the future.'

お母さんになったせいこさんは
前よりずっときれいに、より強くなっていて。

Tuesday, 16 September 2014

on the street...Harajuku


エマちゃんに初めて会ったのは
BEAMSさんとのコラボレーションの撮影で。


She's japanese model, Ema-chan.
it was my first time to see her ,
we met together at the shooting for BEAMS japan.


大好きなミュージシャン「BUMP OF CHICKEN」のその音楽が
いかに素晴らしくて、心をいかに震わすのか、
自分にとってどの位かけがえの無いものなのかを
一生懸命に熱心に、まっすぐな瞳で話してくれる。
(「ファンたるもの、こうでなくては!」というストイックさえ
真面目に話す彼女は実際とても愛しい)

She was collage student but 
her work as a model is so professional.



今日このあたしたちの撮影の後は
憧れの彼らのライブに行くらしく、
曰く「信じられない!彼らが東京ドームで、だなんて!
行くしかない。ですよね!
その場に行けるなんて、なんて、なんて、、、!!」
って言っていて。

This image is her private smile escaping her job,
it's really cute , natural and so pure.
That's why I show this image  for my readers
to show her real attractive.
(of course ! her morel works is so nice,
you can check it through this page ; HERE 
I'll recommend  to check both of her expression.!)

撮影後、そんなこんなの話をしてて、
ラブリーって、多分こういう事だわ、と思ったり。


Check it out ,my collaboration with BEAMS! 
it's HERE


また会おうね、ミス・ラブリー。
いつかこの街の、どこかで偶然。





Monday, 15 September 2014

at the shop...Tokyo Bopper


Hello,Mr.Tokyo bopper, Shimanoe san!
in front of his shop.

ミスター・トーキョーボッパー@お店の前で。

It has been 20 years since they start their shop
in Harajuku.
so he has seen the change of this city for a long time.

今年で20周年を迎えるこのお店。
変化の早いこの街で、こんなに長くお店を続けて
お客様に愛されてるって、これはものすごく稀有なこと。


'I feel we're so lucky to keep on our shop,
Harajuku is quickly changed,
many new shop is opened and many shop is closed so quickly,
so hard to run the shop, you know.
we can run it for 20 years, it's really lucky thing,isn't it?
thank you for our customers!'



時代を見る目、次の時代の空気を読み取る感覚。
続ける才能は、日々のたえまない努力から。



Sunday, 14 September 2014

on the street...Harajuku

ここ最近の週末は、
至るところで秋のお祭り。


This season,there are many autumn festival
in Tokyo.
so we can see many  'Mikoshi' everywhere 
at weekend.

(Mikoshi is palanquin of a god and 
while we’re carrying it, 
the spirit of the god is said to come down to it.)

ここ原宿も例外ではなく。
御神輿担ぎのプロ集団、「担ぎ屋」さんが
表参道を練り歩く。
鯉口に法被、長足袋、ふんどし。
熟練の、プロの着こなし。

They're professional of carrying Mikoshi.
so cool!

休憩中、撮らせて下さいって言ったら
快くとらせてくれる。



一流の人、本物の人の、表情。
穏やかな、つよさ。 

Saturday, 13 September 2014

on the street at night...Harajuku


Do you remember HIM?
his last image is HERE


夜の原宿、キャットストリート。
よるこ君に偶然出会う。

it's difficult to explain what he is,
He's designer, artist,and performer,,,
They forms part of his creative project
called 'BANZAI' 

「最近、仕事で空間作りとか
もはやドカタみたいな仕事までしちゃって
筋肉ついちゃって」って。

I really like his work!
it's his work. HERE


彼と少し話をしてて、あの時の事を思い出す。
いつかの原宿、長い話をした時だ。
(その時の物語は この話。)

吹いて来た追い風にしっかり乗って
チャンスの女神の前髪を、すばやく正しくキャッチして、
そして築いた「今」がある。


前よりキリリと引き締まった表情。
積み重ねてきた証が
そこに現れている。