Saturday, 28 March 2015

on the street...Paris.


Tribal pattern on pattern style with sporty taste 
at Marais.


持って生まれた絶対音感みたいのと同様
絶対色感、とか柄感みたいのって
多分絶対あると思う。
そしてそれを先天的に備えた人って
たまにいる、ほんの一握り。


どんな時でも
どんな立場でも、
まったく一切意図せずとも
「センス」を強烈に感じさせる人。



マレの朝、メトロに向かう途中で見かけた着こなしに
思わずレンズを向けてしまった。

Thursday, 26 March 2015

Tips 49...Sequins

Sequin's reflection on the skin...how beautiful it is!


Yes, now I'm totally fall in love with sequins items from Dior.

ディオールのショー会場は、カレ・ドゥ・ルーブル。

デザイナーが新しくラフ・シモンズに代わって以降
加速度的に注目度が上がっているのを肌で感じる。



会場に入る厳重な警備のその奥は
ほの暗いアーチ、

スパンコールで覆われた首筋や腕が
キラキラと光って、
肌に反射して、
その美しさと言ったら!
しばしうっとり見とれてしまって。





**

ムッシュ・ディオールは
時代を作ったエポックメーカーだけど
ラフ・シモンズは、
シーズンを引っ張っていくトレンドメーカーなのだな、と
改めて思う。

それはメディアの注目具合であったり
リアルなカスタマーが
彼の作るものに対して絶対的な愛を覚えているところであったり、
彼の提案がトレンドの一歩先を見ている所であったり。
会場の空気がそれを如実に表わしている。



Tuesday, 24 March 2015

at the show...vivienne westwood.



I like to go shooting at Vivienne Westwood show
cos there are so many unique guys. 
(I couldn't see them at the other venue)


Vivienneのショーは、他の会場とはちょっと違う。
他の会場には見られない人たちが集まる。

たいてい彼らはVivienneのビックファンだ。
ファッションは勿論、
彼女の思想、アクション、クリエイションに対する
大きなリスペクトを併せ持つ。
実際今回の彼女のショーときたら!
発するメッセージのそのパッションの強さときたら
直接的に心を揺さぶる類のもので。
(これこれ!コレクションは勿論
彼女のメッセージを読んでほしい、是非。

They seem to express themselves 
through what they wear, and seems they like it.


自分自身を表現する手段として、
自分自身の思想を表現する手段として
「ファッション」がそこにある。




Monday, 23 March 2015

Present!

IFI X STYLEfromTOKYO トレンドセミナーの受講券を
いつもこのサイトを見てくれている、応援してくれている皆さんに
プレゼントしたいです。(先着10名様)

セミナーの内容はコチラです。


メールタイトルに
「IFI X STYLEfromTOKYO セミナー vol.2 申し込み」
と書いてもらい、
本文に
①名前、②住所、③連絡先電話番号、④職業、⑤メッセージを
記入いただき

stylefromtokyo3@gmail.com


までお送りください。今回も先着順!

当選者には追ってご連絡のメールをさせてもらいますね!


みなさんに会えるのを楽しみにしています。


Before the show...Chloe.



She's stylist, and worked for one celebrity women
at Chloe's show.

センスとスタイル、ファッションについての考察は続く。

for me, it's her to take a picture more than the celeb.
Cos her style has many kind of taste
like street,sexy,feminine and fun!

ファッションは
ブランドやトレンドの(シーズン毎の)提案に
一緒になって楽しむということ、


スタイルがあるっていうことは
ブランドの提案だったり
トレンドといった情報と
程よい距離の取り方を
ハンドリングできるということかな、と。


センスがあるっていう事は
ブランドやトレンドを
咀嚼する力があるという事かな、と
さらに言えば凌駕すらできる力が
あるってことなのかもしれない。


スタイルを作るということは、
自分の「幹」を作るということでファッションを楽しむということは
自分自身を「更新」していく、
という事だと思う。