Friday, 29 May 2015

at the shop...Golden Goose



at press preview of golden goose.

この時期の青山はサワサワしてる。
沢山のブランドやメゾンがプレスビューを
行っているのだ。
(媒体さんやら業界関係者さん向けに
ブランドさんが秋冬の商品を見せる展示会のこと)

Recently, there are so many press preview
around Aoyama area from independent brand 
to big maison.

なので街をてくてくしていると
編集さんやスタイリストさん、PRの人、
ファッション業界関係の人にバッタリでくわす事が多い。

「今日どこ(の展示会)行った?」
「この後どこハシゴするの?」
なんて立ち話したり。

for me, it's fun to go there and say hello and 
enjoy talking with press people.


Golden Gooseの展示会。
プレスの彼女達に
お洋服たちを見せてもらって、
それにまつわる話を聞いて(これがとても面白い)、
ありがとう、を言いおいとまをする。

ドアまでお見送りしてくれる。
そういうところが、なんか嬉しい。


They're PR of golden goose from tomorrowland,
my fav fashion company in japan.


Thursday, 28 May 2015

on the street...Harajuku


スナップ_東京_ストリート_コレクション_スナップ_0528

He' s hair stylist working at Shimokita-zawa.,
wearing Number Nine's pajama(!)
and felt hat from Undercover, 
keeping POOL's bag on his shoulder
It's .so Tokyo-chic, I think.

下北沢の美容師さん。

アンケートを書いてもらってる時に
彼の働く街について、
ぽつぽつ話を。

「今シモキタは開発中で、なんていうか
『らしく』なくなっちゃってるんですけどね~。
あの雑多な感じが良かったんですけど」
って。

いつまで経っても開かない踏切はなくなって
待ち続けるそのストレスは消えたけれど
駅前のクリーンさにはどこか違和感を覚えたりもしたり。



**
あたしには最近感じることがあって。

古いものや街には、年月が培ってきた
「雰囲気」だったり、「あじ」がある。

新しいものや街には新鮮さだったり
活性があったり、利便性も優れていたりする。

これらは相反するもの、
トレードオフの対象になるもの
(つまり新しさを手に入れると味わいはなくならざるを得なくて、、
雰囲気を守るままだと、利便性を諦めなくてはいけない、などなど)
と捉えてたけど、
今最近、そうじゃないかもしれないのかも、と
感じる出来事が少しあって。


新しい街の「開発」や
新しい「ものつくり」、
その方法論や理念、
つまり「何に価値を見出すか」という事。


一歩進んだ「新しさ」の基軸を持つ
作り手や、会社が、ある。


新しい「新しさ」を考える局面にいるのだと思う。

Wednesday, 27 May 2015

WWD japan X STYLEfromTOKYO

STYLEfromTOKYO is contributing with 
WWD japan on this issue.

今発売中のWWDjapanさんで開催されている

「雑誌五輪2015
金メダルを取るのはどの雑誌だ?」
の特集で
審査員として参加させてもらっています。

I was a judge  in the competition of the award prizes 
of magazines 2015.

今年最も素晴らしかった雑誌、
今年初めて創刊した雑誌の中で
とびぬけて光るものがあった雑誌、
この特集はとびぬけて素敵だった!と思う一号、
などなど
審査員のみなさんと
話し合いながら、決めさせてもらいました。

Who gets the award on this time?
Check it out WWD japan!! 


本好き、雑誌好きとして
光栄なお仕事をさせてもらえたことに
改めて感謝です。

Thank you!
ありがとうございました!

Monday, 25 May 2015

at Japan Fashion Week...Shibuya


Hello, youngest fashionista in Tokyo!

今回のファッションウィークにおける
ファッショニスタ、
一番若手のルーキーは彼。13歳の男の子。

I heard He's just 13 years old boy
coming to see the show w/his older friends.

ギュギュっとあげたMA-1の袖あしらいや
GIVENCHYのクラッチバック(バンビモチーフ!)と
スニーカーとの色合わせ、
成長途中の身長(と及びキャラクター)
に沿わせたスタイリングは
自分の事をよく解っているんだな、
と思わせる類のもので、キュート。

'This GYVENCHY's cluthch bag?
It's present from my granpa.'
He told.

大人のお友達
(この街のファッション業界の中にいる人達だ)
に囲まれたサラブレッドなこのキッズ、
物怖じしない物言いだったり
しぐさだったり
先々があたしは結構楽しみでもある。

Sunday, 24 May 2015

ELLE china X STYLEfromTOKYO

STYLEfromTOKYO is contributing with ELLE china
on this issue.

今発売中のELLE chinaさんで
東京のおすすめのショップをいくつか
紹介しています。(P91)


This time,
I reccomend some cool shops in Tokyo.(P91)

Check it out!

Thank you!
ありがとうございました!